スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【外交史】 日本の外交・明治編

【外交史】 日本の外交・明治編
【外交史】 日本の外交・明治編

動画の再生 1部 2部 3部 4部 5部 6部 7部

北海道の植民地化は、結局実施には移されませんでした。
しかしこの文書の存在は
西洋諸国が世界各地を侵略していた弱肉強食の時代にあって
ドイツにとっての日本は、虎視眈々と狙う獲物の一つだった事を示しています。

ドイツ首相ビスマルクの日本使節団への発言
現在世界の各国は皆礼儀を持ってあいまじわってるようだが
それは全く建前のこと。
裏では強弱相凌ぎ、大小相侮るというのが実情だ。
大国は自分に利益があれば、国際的な取り決めは守るものの
自国に不利と見ればたちまち兵威、すなわち軍事力にものをいわせるのだ。

多くの人に見てもらいたい動画と思われましたら、クリックしていただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願い致します。
  

スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 大日本帝国 日本 歴史 外交 明治時代

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。